ですので車の買取をする時には

車に乗っているあなたならばご存知だとは思いますが、自動車税を支払う義務があります。アフィリエイト おすすめ

そしてこれは、愛車の売却の際に一般に還付されるものなのです。アヤナスリニューアル

これって少し自分でやると直ぐに頭に入ってきますが、それでは一から流れを簡単に案内することにしましょう。カイテキオリゴ 評価

念のため注意書きするとすれば、日本のクルマのみが対象ではなく外車も返還される範囲になっています。

もちろん自動車も当てはまります。

自動車税は自動車を持っている人が支払い義務を負う税で、これはクルマの排気量で決められています。

1リッターより低いなら29500円となり1リッターから1.5リッターまでであれば34500円になります。

これからは500ccごとに5000円ずつ増えます。

そして自動車税は4月1日の時点の保有者が今年度の自動車税を払う事になっています。

つまり先払いということなので、勿論クルマを買取してもらってオーナーでなくなった時には先に払った分の金額は返還されるのです。

この税の場合は事前納付で来年3月までの税額を納付しますから、一年以内に車を引き取ってもらった際は、買い取った保有者がこの税を支払わなければいけないということです。

売却相手が買取専門業者ならば、買い取り時に払いすぎた金額を返してくれます。

所有権が移った瞬間より後の税額は権利が移ったオーナーが納付義務を負います。

10月のうちに自動車を買い取ってもらった際は11月以降次の年の3月中までの払ったお金は還ってくるのです。

というのも前述の通り自動車税は一年分を前払いしているという決まりから来ています。

まとめると、売却者は買い取った相手に払いすぎた税金を返還してもらうということになります。

個人で愛車を売却するときに、意外にこの事実に気づかない方が多くいるので、きっちり確認するようにすることです。

自動車税が自動車を売却すると還ってくるということを意外に知っている人が少ないからと言って、そのことを隠す業者も存在します。

こちら側から自動車税の返金に関しての話題を出さなければ、全然そのことには触れないということも見受けられます。

ですので車の買取をする時には、自動車税が返還されることを聞くことをおろそかにしないようにしてください。